「第8回ワルノリ俳句ing」結果発表!

2009年07月07日

それでは、七夕の本日、第8回ワルノリ俳句ingの結果を発表。

◎特選       夏の午後路地の肉屋に子等が群る   (抜井)

            商店街冷やしラムネに唾を飲む     (抜井)
            肩落とし歩く姿の蒸し暑さ         (真)

○ワルノリ選      今回は選無し

            咲かないの紫陽花綾がまだ咲かない  (綾)
            世界遺産今宵貴方は旋回遺産      (綾)
            銭湯とホルモン目的俳句ing        (綾)
            夢だかもメーテルを見た0番線      (堀澤)

他には、こんなワルノリ俳句たち。

・田舎駅高校生の白きシャツ
・老体をよみがえへせる濡れタオル
・土用波の如く静かな商店街
・梅雨列車日焼けた顔の女学生
・暑き日も日々糸紡ぐ製糸場
・富岡で「PM」見たらパックンマックン
・腹減った腹が一杯で死ぬ騒ぎ
・日本一揺れる電車に肉が揺れ
・天井の扇風機舞う老電車
・汗だくの皆驚かす定休日

などなど。
で、まだまだ書き切れ無い程、秀句が机上に散乱。

今回、雲行きも怪しい中、ワルノリ俳句ingに参加して頂いた方々、
特に初参加の方、誠にありがとうございました。
次回、「第9回ワルノリ俳句ing」、また「第3回ワルノリ俳゛句ing」でも、
是非、お待ちしております。

改めて、句が認めてある短冊を眺めていると、蒸し暑い路地で飲んだ、
冷たい生麦酒の味を思い出されます。
長らく退いていた特選の座に返り咲いた、私。
しかし中々、素直に頷ける句には程遠い。
次の俳句ingでは必ずや、銭湯の湯船に浸かりながら、
ゆっくりと句を詠みたい。

さて次回、盛夏の第9回俳句ingで、また(抜井)