3514声 猫と麦酒

2016年06月22日

この頃、スタウトを良く飲んでいるためか、机の上がべトついている。
酔って零しているからなのだが、スタウトやシュバルツなどの所謂、
黒麦酒はどうしてあんなにもベトつくのか。
喉越しは至って爽快なのだが。

 

昨夜の月は、やけに大きくて丸くて橙色だった。
夜更けにはいつもの梅雨の月らしい白になっていたが、時折、
気味の悪い色合いになることがある。
そういう時は、大気が不安定なのだという。
月明かりが満ちているときは、路地裏でよく猫を見かけるような気がする。
昨夜も、なぜか黒猫ばかりを沢山見かけた。
月と黒猫とは関係があるのかもしれない。
最近、無性に黒麦酒が飲みたくなることも、もしかしたら。