3634声 夜風

2016年10月21日

灯のともり始めた、郡山駅前のアーケード商店街を歩いていた。
十月もあと一週間で終わるころともなると、
セーター一枚くらいは必要であった。
ジャケットを掻き抱いて、入るべき酒場の暖簾を探していた。
アーケードは天井が高く、歩道もきれいに整備されている。
「おでん天国」や「ホルモン大豊」など、
魅力的な屋号とたたずまいの店に目星をつけつつ、
結局は焼き鳥屋に腰を落ち着け、すぐ前のおでん屋にはしごをした。
焼き鳥屋は串の単品注文はなく、コースのみという方式で、
客のペースに合わせ、主人が焼き物を進めていく。
人気店らしく、L字カウンターはすぐに満席になり、
四本目の瓶を空にしたところで、私もすぐに席を空けた。
店を出た瞬間の夜風の冷たさに、思わず目の前にあった「おでん」
の看板に吸い込まれてしまった。