3637声 あまり深くは

2016年10月24日

今朝、出勤途中に俳句の仲間よりメールを受信した。
先日刊行した拙句集の評が、朝刊に掲載されていたとの由。
駅のキオスクで購入し、早速紙面を広げた。
ピリリと指摘の効いた内容であった。
私は肝心なところが抜けているが、
まさにそこの部分を指摘され、いささか冷汗の思いであった。
その直ぐ後に、岡安氏より面白い俳人の情報をメールでもらい、
早速、その句を読んでみた。
たしかに面白い。
自らの非才にますます、身につまされる思いであった。
朝からいろいろ俳句のことについて考えることがあったが、
いつものごとく、あまり深くは考えないようにしようと思う。