3665声 ロスがない日々

2016年11月21日

「〇〇ロス」という言葉はまだ流行ってるのかしらん。

 

わりと聞いたのは「海女ちゃんロス」だろうか。クドカン脚本、能年玲奈(現在は能年玲奈改め、のん)主演の「海女ちゃん」放送終了後に、「もうあのドラマが観れないのね」と落ち込んだ人がいたというのだ。

 

僕も数年前は伊参スタジオ映画祭のような楽しくも大事なことが終わる度に「終わってしまった、寂しいな」と思ったりしたもので、もっと昔の若い頃は何かが終わる度に「ああ、もうあんな楽しい時間は来ないかもしれない」とどよーんとしたものだった。

 

ここ数年、多分鈍感になったからんだと思うけど、それ以外に「ひとつ終わればすぐ次があるから」と思うようになり、〇〇ロスを感じなくなった。これはこれで、恵まれているんだろうな、と思う。

 

あれもこれも出来なくなり、縁側でお茶を飲むくらいしか出来なくなった時に再び、〇〇ロスを感じるのかもしれないが。今のうちはまだすぐ次があるのだ。・・そう、次の仕事が、溜まった仕事が・・た・・たのしいな・・