3668声 睡りのきざし

2016年11月25日

群馬の南西のはしっこの山の中に、上野村という村がある。中之条や、ましてや六合は「田舎だね」と言われるが、上野村はその上をいく気がする。山が切り立っていて、ちょっと怖い気がするのだ。山の表情の差異に左右される=群馬県人あるある。

 

その上野村に、古民家をリノベーションした「yotacco」という素敵なカフェがある。平日は農業をする黒澤夫婦が土日限定で開いているカフェだ。素材を厳選した店は幾つもあるが、ここは味噌も醤油も手作り。パンケーキは小麦から育て臼でひく徹底ぶりで、ここで何かを食べると「店で飲食している」意識から離れ「食べることって尊いことだな」などと思ったりする。

 

ここで、12/11(日)までの土日、星野博美個展「睡りのきざし」が開催されている。彼女は中之条ビエンナーレを機に中之条へ移住、ほっしーの愛称で中之条町民よりも中之条町民らしい馴染み方をし、農家で働きながらごくごくマイペースに、時に悩みながら、作品制作をしてきた。yotaccoのセンスの良い和室には、大根や生姜や青葉などの野菜の絵が実に自然に飾られている。

 

生活者と表現者の違いって何だろう?その間にある豊かさに気付ける、小さな展示会だと思う。ひとやまふたやま越えて、行っていただきたい。

 

yotaccoブログ
http://yotacco.exblog.jp/