3700声 卒業

2016年12月25日

国債の金利がゼロということは、もはやその国のどこに投資してもリターンが得られない状態。つまり資本主義の卒業もしくは終焉という状態とのこと。これは面白い考え方。