4849声 ルックバック

2021年07月19日

昨晩ネットで無料公開された漫画「ルックバック」( 藤本タツキ | 少年ジャンプ+)が1日で250万ビューを叩き出し、ツイッターでは浅野いにおや大童澄瞳といった実力派若手から、森田よしのりや新井英樹といった実力派ベテランに至るまで数多くの同業者が絶賛し、今後まだ余波が続きそうな感じである。僕も朝、寝起きで誰かのツイートを見て、布団の上で完読。今日1日ずっとこの漫画のことが頭の中にあった。

 

色々な読み方はできると思うが、漫画に限らず「何かを作ろう」と思う人、思っていた人にとってはより刺さる内容であると思う。この漫画を指して「あの事件に対して、漫画で、こんな追悼が出来るとは!」と書き込んでいた人もいたが、もう開会式前からぐちゃぐちゃな泥試合を加速させ続けているオリンピック周辺(あと、国が無理に進めようとしたクールジャパン)とは離れたところで、いち漫画家と編集者等によって「世の中に対して表現ができること」の可能性を見せてくれている気がする。もちろん、良いと思わない人はいると思いますが、必読です。

 

ルックバック」( 藤本タツキ | 少年ジャンプ+)