3517声 幽霊茸

2016年06月25日

渋川市で句会。
場所は伊香保温泉の直ぐ下の公園であった。
首都圏の方ではだいぶ草臥れていた紫陽花も、
ここまでくれば、まだ瑞々しい色合いである。
銀竜草(ギンリョウソウ)と言う珍しい花に出合った。
別名は「幽霊茸」と、おどろおどろしい名を持っている。
俳人たちはみな、この花に合った感動を詠んでいた。
私はどうも、いつもそうなのだが、素直に乗れない部分があり、
干上がりかけた水溜りに閉じ込められている、あめんぼを見ていた。