3715声 スルメ酒

2017年01月08日

この冬一番の冷え込みだとラジオで言っている。
昼前からシンキチで仕込み。
夜、ザブンで酒の会があって、その準備である。
今日は神亀の会。
ラジオから舟唄が流れている。
寒い日だからの選曲だろうか。
八代亜紀のかすれた声が乾いた寒さにぴったりだ。
神亀は温めておいしくなるお酒である。
熱くしないとうまくならない酒でもある。
この熱燗にスルメが合う。
炙ったスルメを徳利に入れ、酒を加えて燗にするのである。

昨夜やってみたらぴたりとはまった。
神亀の場合酒単体では熱くしないとうまくないが、スルメを入れたときは多少ぬるくても合う。
八代亜紀は正しかったのだ。