3631声 煙の向こう

2017年10月21日

台風接近中につき終日雨。
つまみがないので、近所の商店街へ傘を差して出かけた。
いつも行く、顔の似ている老夫婦の営む焼き鳥屋へ寄ると、
どういう訳か盛況であった。
路上へたなびく煙ごしにひとしきり注文し、
「じゃあ、買い物してきます」といって、向かいの商店へ足を向けた。
店内の隅で、もじもじしていた若いカップルの彼女が、
「その手があったじゃん」と若い彼氏につぶやいた。
瓶麦酒を提げて焼き鳥屋へ戻ると、もうカップルはいなかった。
その手があるが、その手を使わないのが若さなのだろうなと思いつつ、
肉屋でコロッケを買い足して帰った。