4553声 苦心

2020年10月07日

簡単なはずの俳句関係の原稿に、大いに苦しむ。規定文字数を書いたのだが、なんだか気に入らずに全没にする。まだ手付かずの重たい原稿もある。一旦忘れるため、というか逃避するために、椎茸などあぶりつつ、一杯やる。台風が来ているとの由。昨年のこの時期に水害に見舞われて大変だった。庭にコスモスを植えたのだが、大丈夫だろうか。エールビールをちびちび。