5235声 白切鶏 

2023年12月31日

SNSには書かない家族や仕事のことも、ここには書いてしまう。それはめっかった群馬にわざわざアクセスし読んでくださっているあなたが、僕の知らない人であろうという前提があってのことではあるが(知人にもわざわざ読んでくださっている方たちはいる。ありがとうございます)、人に読まれる前提で書いてはいるので、僕が誰かに向けて言いたいことなのだと思う。

近しい次姉が亡くなったことについては1ヵ月が過ぎた今でも実感が伴わず、49日以上の年月をかけて考えていくことなのだと思っている。

今月は酒徒著「あたらしい家中華」の料理を作る1ヵ月でもあった。今までに作ったのは

葱油蘿蔔絲(千切り大根の葱油和え)
蝦米蘿蔔湯(干し海老と大根のスープ)
黄豆拌青菜(大豆と青菜の冷菜)
涼拌胡蘿蔔絲(千切りニンジンの冷菜)
醋溜白菜(白菜の黒酢炒め)
乾隆白菜(胡麻だれ白菜)
蒜蓉炒西蘭花(ブロッコリーのニンニク炒め)
清炒藕絲(蓮根の細切り炒め)
葱油芋艿(里芋の葱油炒め)
山薬蛋花湯(長芋のかき玉スープ)
白油豆腐(四川式・豚ひき肉と豆腐の炒め煮)
肉末粉絲(豚ひき肉と春雨の炒め煮)
肉末蒸蛋(豚ひき肉の中華風茶碗蒸し)
小沙丁魚蒸蛋(シラスの中華風茶碗蒸し)
白切鶏(茹で鶏)
醉鶏(よっぱらい鶏)
客家干蒸肉(客家式豚バラ肉の蒸しもの)
開洋葱油拌麺(干し海老と葱油の和え麺)

長姉家族が来る明日の元旦に向けて何品か作る予定だが、白切鶏は今夜のうちに調理しておきたい。家族と過ごす方も1人の方も、温かい年末をお過ごしください。(以上、岡安)