3646声 小麦粉ばかり

2016年11月02日

5年くらい前か、堀澤さんが「年をとるとあれこれ出来なくなって選択肢が少なくなるから迷わなくて良い」というようなことを言っていた。その当時僕も冗談で「年だから」と言うことはあったが、身につまされだしたのはこの2年くらい。先月は前半半分寝不足を続けたら、後半はずーっと調子が悪かった。で、今はコホンコホンと咳までしている。

 

映画『ルパン三世 カリオストロの城』で、瀕死の状態になったルパンが、手当たり次第に肉だ何だと飯を食らい、直後にパタリと眠り、目覚めた時には全快して敵に挑んでいくシーンがある。僕もいい年まで(現に今もちょっとは)そんなもんだと思っていた。どんなに疲れていても、豚骨らーめん替え玉2回してガーっと寝れば翌日はピンピンしていた。でも最近は、疲れる原因の上位に「食べ過ぎ」がくる気がするのだ。恐ろしい。腹八分目が良い、ということは子どもでも知っているものだが、満腹=健康を地でいっていた僕は、36を過ぎた今でも年齢による体質の変化を認めることができないでいる。

 

今日などは「風邪気味だからいつもより腹が減る」という思い込み?から、朝は厚切りのトーストを2枚食べて、昼は近所で行われている「秋、酒蔵にて」という展示会の限定ベーグルサンドとチョコベーグルを食べ、夜はカレーとナンを食べた。小麦粉ばかりである。お腹の中が粉でいっぱいな気分。まあ多分、食べ過ぎを後悔している年頃ならまだかわいくて、食べ過ぎにすらなれなくなった時に僕はやっと、自分の変化を認める・・の・・だろう。

 

県内のクラフト作家が集まる毎年恒例の「秋、酒蔵にて」は、11/6(日)までの開催で、期間中の昼には堀澤さんによる酒蔵ランチも食べられます。とても気分が良い展示会なので、ぜひとも足を運んでください。

https://www.facebook.com/events/306957382997707/