3647声 紅葉祭

2016年11月03日

岩櫃(いわびつ)。今年は何度この言葉を口にしたのだろうか。

 

会社のある東吾妻町のシンボルともいえる岩櫃山。源頼朝が狩りの途中に「あの山はお櫃に似てるじゃないか、ご飯食べたい腹減った」みたいなことを言ったのが起源とされるその山は、現在放送されているNHK大河ドラマ「真田丸」のタイトルバックにもなっており、東吾妻町は町を上げてのPR作戦を決行。僕はお仕事としても各種印刷物や横断幕、自動販売機のデザインをさせてもらい、ボランティアとしても「岩櫃城忍びの乱」という変わった名の実行委員会に身を置き、先月末には大きなイベントも行った。

 

11/3の文化の日は、岩櫃山のふもとにて「紅葉祭」という地元住民によるお祭りが行われる。祭り自体はささやかなもので、餅をついて太鼓を叩いて豚汁と焼きまんじゅうを売る程度の小さな祭りだ。今年は真田丸効果だろうか、近くの駐車場は満車。賑わった。仕事以外で体を動かすことのない僕ではあるが、今日はローカルなCM撮影の手伝いで岩櫃山を登った。数日前には「岩櫃忍び登山競争」の撮影で登ったばかりだというのに・・・。けれど岩櫃山は、僕が暮らす中之条町の嵩山(たけやま)のように整理された緩やかな登山道が続くわけではなく、沢を登ったり岩場を進んだり若干アスレチック感があるので楽しい。

 

山はいいなぁ。今頃であるが、そんな気持ちが芽生えつつある。