日刊鶴のひとこえ

この鶴のひとこえは、「めっかった群馬」に携わる面々が、日刊(を目指す気持ち)で記事を更新致します。現在の担当者は堀澤、岡安、すーさん、抜井です。この4人が月替わりで担当しています。平成30年前半は、5月(堀)6月(抜)7月(岡)8月(す)9月(堀)10月(抜)11月(岡)12月(す)1月(堀)2月(抜)3月(岡)の順です。

しゃべれどもしゃべれども

2007年06月04日

たいして伝わらん。
そんなもんだ。

下手なてっぽも数うちゃ当たる
当たり外れは風の中

順序

2007年06月03日

「何かメリットがあるからこれをやる」
が染みついてしまっていて。
そもそもメリットなんて、
「コレヲヤッテミタあとにわかるもの」
なのだよ、きっと。

うちの若夫婦

2007年06月02日

台所で夕飯の支度をする嫁さんに、
「なに、また焼きそばなん?」
「うん、得意料理なの!」
だって。

「24時間寅さんでなきゃいけないんだよね」

2007年06月01日

たまたまついていたテレビを見たら、在りし日の渥美清さんがインタビューを受けていた。がんも末期の状態で、もちろんそんなことは口にも出さずに、ファンにすらお愛想を言えなくなってしまっている自分を、解説するように。
「スーパーマンが撮影のときに飛べぇ、飛べぇって言われるんだってね。でも飛べないもんね。ロープで吊ってんだもんね。」

飲まずに死ねるか

2007年05月31日

一升徳利こけても三分

一生徳利こけたらおわり?

それならすでにオワットル

ミニクイものはミタクナイ

2007年05月30日

好奇心は、
出し方で醜くもなる。

そこまで出しちゃあ、
おしまいよ。

男のロマンは 女のフマン

2007年05月29日

うまいね

文化

2007年05月28日

文化(=culture)には、
教養、や、耕す、という意味もあるらしい。

キョウヨウは、
ジブンをタガヤシテ、
身につけるもの。

ブンカとは、
ジブンをタガヤスことそのもの。

そうやって教わってきた。

めっかんないことだらけ

2007年05月27日

とくに群馬でなくてもよいということもまた、
先に断っておかないと。
だれにだ?


226 / 226« 先頭...102030...222223224225226