日刊鶴のひとこえ

この鶴のひとこえは、「めっかった群馬」に携わる面々が、日刊(を目指す気持ち)で記事を更新致します。現在の担当者は堀澤、岡安、すーさん、抜井です。この4人が月替わりで担当しています。平成30年前半は、5月(堀)6月(抜)7月(岡)8月(す)9月(堀)10月(抜)11月(岡)12月(す)1月(堀)2月(抜)3月(岡)の順です。

そりゃあ

2007年12月15日

書けない時だってある

「几帳面な壁は、そこにいる人にも几帳面さを求めるんです」 画家 近藤蔵人

2007年12月14日

はがれてもいびつでもそれでいいと。
それがいいと。

セナカガイタイ

2007年12月13日

今日は客人を迎えての、
宴。
みな口々に、
「料理人だったんですねぇ」

具合が悪いときくらい

2007年12月12日

いい夢を見させなさい

只今工事中〜その10〜

2007年12月11日

どうにか片側塗り終わり、
翌朝そぉっと触ってみたら、
壁がボロボロはがれ落ちてきた。

体力も落ちていたようで、
寒いなぁと思っていたら、
発熱。

一日一歩、
三日で三歩、
湯たんぽ抱えて熱下がらず〜♪

只今工事中〜その9〜

2007年12月10日

日の出とともに塗り始めて、
飯を食うことも忘れ、
一段落したのが3時過ぎ。

たった今、
お茶の先生からの電話。
「堀澤さんっ、」
「あっ!す、すいません・・・」
そういや今日は、
稽古の日。

本日いよいよ、

2007年12月08日

料理の講座がスタート。
「気がきくつまみの作り方〜おいしくお酒を飲むために〜」
気がきいていたかどうかはわかりませんが、
ひとまず無事終了。
内装はまだ、
未完成のまま。
それもまた、
アタシらしい。

それじゃあひとつ、
乾杯!

只今工事中〜その8〜

2007年12月07日

天板のはがれたテーブル補修中。
向こうに見えるはお隣に住む設計工房「福」の永井さん。
この古い家に住むことができるようになったのも、
この方のおかげ。

実際に工事が始まってからも、
こうやってことあるごとに住まい方講座を開いてくれる。

掃き掃除入門、
しろうと壁塗り塾、
重たいもの移動講座、
などなど。

ほんとうに、
勉強になる。

只今工事中〜その7〜

2007年12月06日

毎日が、
壁塗り。
これはまだ、
下塗り。
仕上がりはきっと、
それなり。

本庄駅前の割烹

2007年12月05日

「神亀、喜正、上喜元・・・」
おいしかった。
久しぶり?に飲みすぎた。
日本酒の品揃えで、
その店の料理がいけるかどうかがだいたいわかります。

只今工事中〜その6〜

2007年12月04日

予算の都合で壁は自分たちで塗ることに。
建築デザインの会社「クロード」の社長じきじきの壁塗り講習会。
これがなかなかムズカシイ。

「健康ばかり気にしてるやつに面白いやつはいねぇじゃん」 書家 山本素竹

2007年12月03日

昨日、次回の「ものづくり自慢」の取材をかねて旧子持村のご自宅へ。ここで俳句を詠み、文字を書き、いぶりがっこ(大根の燻製の漬物)を作り、小さな保育園を経営されている。保育園の名前が、「朝日のあたる家」。高台の、太陽の日差しを思う存分浴びられる場所にそれはある。保育園の看板には、「一人ひとりを大切に」の文字。あらためて思う。シャイでぶっきらぼうというのはやさしさの証である。

スコップ三味線世界大会in青森

2007年12月02日

すごい。
写真を見たらもっとすごい。

只今工事中〜その5〜

2007年12月01日

早くて、
うまくて、
その上きれいなのは、
なにも行列のできるラーメン屋ばかりではなく。

無駄のない動きでピタリと仕上げてくる様子、
一流の体操選手の演技を見ているような、そんな気になる。
人の仕事を見ていてわくわくすることなんてあまりない。

昨日の午前中

2007年11月30日

ほのじで料理の仕込みをしておりましたら、
入り口の方から声をかけられまして。
年のころなら四十七、八、五十凸凹。
首のあたりがモコモコとなっているコートに身を包みまして、
すこしこう水商売かなにかの匂いを漂わせて、
さっぱりと気持ちいいいやりとりをする女性でした。
店の外に休憩所を設けているものですから、
「一服していいですか」という断りで。
「どうぞどうぞ」と言いましたら、
「表に貼ってある文章は誰の文章か」という話になり。
「落語家の古今亭志ん生です」と言いましたら、
「ぜひコピーさせてほしい」と。
コピーするにもコピー機がありませんので、
仕方がないからその文章が出てくる文庫本を差し上げて、
かわりに吸いかけのタバコをいただいて。
アタシ、
タバコは吸わないんですけど・・・
でもなんだかいい気分でしたね。

「ザラッとしているでしょ」 小説家 池澤夏樹

2007年11月29日

フランス在住の方。今の日本について問われて、「物を売ると買うということにだけ集中してますよね。消費者としては幸せですよね。でも有権者としては幸せじゃない。親としても。子としても。」

ほのじの厨房

2007年11月28日

厨房によってこんなに違うのだと、
今さらながらに感じています。

体力的にも、
精神的にも、
ロスが少なくいい状態で料理に望める。

料理が好きになってしまいそうだ。

「落語をやりたいんか、落語家になりたいんか、どっちや」 草原

2007年11月27日

たとえ落語ができなくても、
落語家になりたい。

…なに真剣に答えとんねん!