日刊鶴のひとこえ

この鶴のひとこえは、「めっかった群馬」に携わる面々が、日刊(を目指す気持ち)で記事を更新致します。現在の担当者は堀澤、岡安、すーさん、抜井です。この4人が月替わりで担当しています。平成30年前半は、5月(堀)6月(抜)7月(岡)8月(す)9月(堀)10月(抜)11月(岡)12月(す)1月(堀)2月(抜)3月(岡)の順です。

昨日の午前中

2007年11月30日

ほのじで料理の仕込みをしておりましたら、
入り口の方から声をかけられまして。
年のころなら四十七、八、五十凸凹。
首のあたりがモコモコとなっているコートに身を包みまして、
すこしこう水商売かなにかの匂いを漂わせて、
さっぱりと気持ちいいいやりとりをする女性でした。
店の外に休憩所を設けているものですから、
「一服していいですか」という断りで。
「どうぞどうぞ」と言いましたら、
「表に貼ってある文章は誰の文章か」という話になり。
「落語家の古今亭志ん生です」と言いましたら、
「ぜひコピーさせてほしい」と。
コピーするにもコピー機がありませんので、
仕方がないからその文章が出てくる文庫本を差し上げて、
かわりに吸いかけのタバコをいただいて。
アタシ、
タバコは吸わないんですけど・・・
でもなんだかいい気分でしたね。

「ザラッとしているでしょ」 小説家 池澤夏樹

2007年11月29日

フランス在住の方。今の日本について問われて、「物を売ると買うということにだけ集中してますよね。消費者としては幸せですよね。でも有権者としては幸せじゃない。親としても。子としても。」

ほのじの厨房

2007年11月28日

厨房によってこんなに違うのだと、
今さらながらに感じています。

体力的にも、
精神的にも、
ロスが少なくいい状態で料理に望める。

料理が好きになってしまいそうだ。

「落語をやりたいんか、落語家になりたいんか、どっちや」 草原

2007年11月27日

たとえ落語ができなくても、
落語家になりたい。

…なに真剣に答えとんねん!

「考えた量は人に伝わるんですよね」 アートディレクター 佐藤可士和

2007年11月26日

「トークスペシャル クリエイターたちの言葉」より。
明日、午後10:00〜午後10:45、NHK総合にて。

依存心

2007年11月25日

「すぐに甘える」
とういのと、
「与えられなきゃ気がすまない」
というのと、
どっちがタチが悪いかといえば、
後のほうではないか。

「低俗は力なり」 音曲師 柳家紫文

2007年11月24日

よっ、日本一!

見学会が

2007年11月23日

15:00に終わり、
そこから宴とあいなり。
気づいてみたら午前様。

帰れなくなったやつがここに一人。
その向こうには尾形光琳。
ホンモノの尾形光琳。
大家さんがこの日のために持ってきてくれたもの。
これから、
この、
国宝級の工芸品と一緒に寝ます。
安酒のにおいがつきはしないかと心配。

只今工事中〜その4〜

2007年11月22日

只今夜の11時を回ったところ。
明日はこの家の見学会。
ホコリが減らぬ。
掃除はつづく。

急遽

2007年11月21日

看板の落款を変えることになった。
‘ほのじ’の脇に‘ひ’の字をひとつ。
それがなかなか定まらない。
‘ひ’の字ばかりがどんどんたまる。
不気味だ。

只今工事中〜その3〜

2007年11月20日

見とれる、
その、
仕事ぶり。

明日にはおおよそ出来上がるそう。
作り込みが始まったのは今日のこと。
たった二日である。

安請け合いで

2007年11月19日

地域のボランティアなんたらという催しの手伝いを引き受けてしまった。
ボランティアという言葉の持つマニアな響き。
のどに引っかかってなかなか飲み込めない。

近ごろ

2007年11月18日

「不正発覚!」
な毎日。

昔から
「不省、まったく!」
なアタシ。

正しいってなんだ?

「まったく忙しい手なんだからっ」 ラブリー

2007年11月17日

フィリピンパブのラブリーが、
気のきいたニホンゴで、
隣のおじさんを戒めていた。

只今工事中〜その2〜

2007年11月16日

夜中に目が覚めて、
トイレが工事中で使えないことに気づく、
34才。

‘掃除日記’改め、‘只今工事中’・・・その1

2007年11月15日

駅前の家の改装が本格的に始まりました。
入れ替わり立ち代り業者の方がやってきて、
トンテンカントンテンカンやっている。
水周りの工事の打ち合わせで、
なにやら耳慣れない言葉。
「ツラシンでウチウチのシアガリで790・・・」
よくわからないけどしびれた。 

57日に1度

2007年11月14日

回ってくる四万温泉共同浴場の掃除当番。

今日がその日。

3時から5時までが割り当ての時間。
その時間内に掃除を終わらせればよいことになっている。
掃除の最中は他の人たちは入って来れない。
早く終わりにすれば一人で貸し切りにすることも。

2時間かかってたどり着いてすぐに取り掛かって、
だいたい40分で一通り終わった。
そのまますぐに脱ぐもの脱いで、
1番風呂へ、
ざぶーん!
あ〜、たまらん!

温泉の神様に感謝してすぐに帰宅。
往復4時間と、
高速代片道850円と、
ガソリンがせいぜい1000円くらい?
をかけて、
風呂掃除。

フフフ、
どうだ!

ん?
何を自慢してんだ?

町がえし

2007年11月13日

町おこしでも、
町づくりでもなく、
町がえし。

住んでいる町の価値観がひっくり返るような瞬間がいつかやってくる、
なんてことはないだろうけど、
あえて名づけるとするならば、
マチガエシ。

マチガエサガシ、
ではない。