日刊鶴のひとこえ

この鶴のひとこえは、「めっかった群馬」に携わる面々が、日刊(を目指す気持ち)で記事を更新致します。現在の担当者は堀澤、岡安、すーさん、抜井です。この4人が月替わりで担当しています。令和2年は、5月(堀)6月(抜)7月(岡)8月(す)9月(堀)10月(抜)11月(岡)12月(す)1月(堀)2月(抜)3月(岡)の順です。

157声 えーらいこっちゃえーらいこっちゃ

2008年06月05日

「え〜っと、この下の帯がこう、こっち側に…」
悪戦苦闘しながら、帯締めの練習中。

明日は、何故か着物を着る仕事。
とある町のとある割引券と言うか、近頃はクーポンって言うらしいが、
そのクーポン券に関連した取材撮影。

クーポン券を持って来てもらう為の、宣伝普及活動。
こっちは着物を着るので精一杯の、戦々恐々状態。

一向に結べる気配が無い。
考えてみたら履物が無い。

「えーらいこっちゃえーらいこっちゃよーいよいよいよい♪」

あっ、今着物の後ろの方が「ビリッ」って。

156声 青年期或いは松田優作の物真似

2008年06月04日

高校一年時分の頃。
授業が終わると、掃除当番をほっぽらかしてソッコーで帰宅。
コカコーラをがぶ飲みしながら、TVの再放送「探偵物語」を観賞。
観終わると、主人公である工藤俊作こと松田優作の物真似にひたすら興じる。
と言うハードボイルドな生活を送っていた。

そんな生活の最中。
私はいつもの様に、自部屋の特設高座と呼んでいるコタツの上で、正座をしながら、
「はい、くどーたんてーじむしょ」
などと、コーラ片手に物真似の練習に勤しんでいた。

すると突然、後方のドアが開いて、親父。
「ドスッ」と一歩半。
狭い部屋なので、一歩半歩けば目の前。
「はい」って言って、親父がくれたのは、近所の本屋の紙袋。
顔を上げると、「ドスッドスッドスッ」っと階段を乱暴に下って行く音。

すぐさま紙袋を開けると、中には文庫本が一冊。
本のタイトルは、五木寛之著『生きるヒント5〜新しい自分を創るための12章〜』。
「なんじゃぁ−こりゃー」
って、声を出さずにジーパン刑事の真似。
そしてすぐに、疑問符が頭の上を小躍り。

その後、親父からは感想を聞かれる事も無く、物真似はもう飽きた。
春夏過ぎてもう秋が来て、一応読書。
一体、何だったんだろうか。
自分も自分で、そう言う時分だったのか、その後『大河の一滴』なんて買ってみたり。

155声 上州砂漠の水とダイヤ

2008年06月03日

必要なものは、水なのかダイヤモンドなのか。
物の価値とは、常に相対関係の上に成り立つ。
価値観が揺らぐ現代社会。

ってな事が、新聞などで都市計画の記事を目にした時、脳裏をチラッと過ぎる。
砂漠に必要なのは、果たしてダイヤモンドなのだろうか。
切に願う、客観的視点で捉えた政策決定を。

なんて、今日は柄にも無くケーザイしているので、なんだか背中がむず痒くなってきた。
翻ってこのサイトを考察するしてみる。
いやはや、価値観が極端に偏ったサイトである。
価値を測るモノサシがひん曲がっているのかも。

154声 参って滅入ってマイッタ

2008年06月02日

近畿、東海から関東甲信地方まで、本日入梅の発表。
また今年も、気の滅入る季節が参った。
でも、まっいっか。

いや、良くない。
天気も好くない。

そうなると、手放せないのが傘である。
なんともまぁ、粗野で強引な話の導入。

今日は筆が、良くない。
私の創作意、欲がない。

マイッタマイッタ。

153声 どじょう汚染

2008年06月01日

たまには社会性のある話でもひとつ。
昨日の新聞記事で目にした、「水道管からどじょう」事件。

なんでも、和歌山県のとある町内の新築住宅2棟に、
「水道水」として近くの溜池の水を誤って供給していたという事件。
以前から「水道水が臭く色もおかしい」と苦情を受けていた為、
町が蛇口の水を調査して発覚。
そして水道管を調べると、どじょうが出てきてこんにちわ。
「坊ちゃん一緒に遊びましょう♪」ってな話で済む訳が無い。
えらい事に、誤った水の供給は約2〜3カ月も続いていたとかで、
住人の方は体調を崩されている模様。

原因は工事の施工ミス。
土壌汚染ならぬどじょう汚染。
言ってる場合じゃない。
水道水が溜池水ってんだから、
汚染された水を飲まされてた住民の方にすりゃあ溜まったもんじゃない。

152声 デストロイヤーミニアンパン

2008年05月31日

今朝、事情聴取を受けた。
自宅に居たら、警官が訪ねて来て色々と聴取された。

刑事と言うより、どちらかと言えば田舎警察と言った風情の制服の方が一人。
鋭い眼つきで、昨夜から今朝にかけての事情を私に聞かれた。
なんでも昨夜、近所の焼肉屋に強盗が入ったとの事。
私はミニアンパンを食べていたのだけれど、
強盗犯が、強盗明けの朝からアンパンなんぞ食うはずが無い。
しかも、「1パック6個入りでお買い得!」ってなミニアンパンである。

「昨夜は何時に帰って来てどうしていたか」
「素性、家族構成等々」
などを手短に、時折鋭い視線を発射しながら、
私ことミニアンパン男に問答し憮然として帰って行った。
「何かと物騒ですから、戸締りキチンとして下さい」
去り際に一言。

玄関から台所へ戻って、珈琲を一口啜った。
窓の外、空はどんよりと雲が垂れ下がって、霧雨が降っていた。
すぐそこのブロック塀から、ひょこっと黒くて目のふちだけ赤くなっている、
あのデストロイヤーマスクが顔を出したらどうしよう。
気候が不安定だと、人心も不安定になる。
食べかけのミニアンパンをパクリ。

151声 輪廻転生「激辛ウンコ」

2008年05月30日

「バカは死んでも直らない」って言葉があるけれども、
「辛いはウンコでも治まらない」って言葉を作りたい。
昨日に引き続き、また品も中身も無い内容。
しかし、私は横綱ではないので、品格なんて気にする必要なし。
これでまた一歩、「健康で文化的なWebサイト」からは遠退いてしまうが、
それもよかろう。

私がそれを初めて体感したのは、中学生時分。
部活帰りの土曜日。
友人等と、近所で評判だった激辛カレーが売りのカレー屋へ行った。
当然、全員の注文は激辛カレー。
辛さが2倍、3倍と段階に分かれていたのだが、無軌道なガキ共はこぞって最大倍数を注文。
カレーが出てきて、一口で全員秒殺。

口の中で爆弾が大爆発。
こめかみには、終始刺すような鈍痛。
もう、目から鼻から汁関係は流れっぱなし。

しかしそこは中学生。
「残したら負け」と言う、この上ない短絡的かつ稚拙な思考の為、死に物狂いで完食。
いやもうとっくに死んでいて、
もはや全員ゾンビ化で、終始「ほばはん、ひずくらはい」の嵐だった。
「おばさん、水下さい」が発音出来ないのである、舌がバカになっちゃって。
私は正直もうヤケクソになって、カレーに水をぶっかけて飲む様にして流し込んだ。

頭クラクラ足フラフラ、おまけに胃はアツアツ。
なんだかもうグズグズになりながら、逃げる様にして店を後にした。

そして、次の日の朝。
起きて、トイレに行ってウンコをしたら、痛いんだ肛門が。
つまり、激辛カレーがウンコになったので、激辛ウンコになったのである。
しつこくしぶとい辛さに、悶絶完敗。
この激辛ウンコは、下水に流れて行って浄化槽辺りに辿り着く。
そうするとお調子者のバクテリアが何匹かで来て、
「おい、ちょっとコレに挑戦してみようぜ」なんて言って、痛い目に遭っているのだろうか。

今日そんな事を思い出しつつ、大辛みそラーメンを食っていた。
明日の朝がチト心配である。

150声 ドクター・ロゲ

2008年05月29日

そう言えば、最近ゲロをあまり見かけない。
のっけから汚い話だが、ゲロの話なんだからしょうがない。
これが、折り目正しく「嘔吐物」とか「吐捨物」なんて言うと、
もっと汚い印象になってしまうので、やっぱり「ゲロ」で良いのである。
しかし、「ゲロ」ってのもなんだから、
人様の目って物を少しばかり鑑みて、逆さまに「ロゲ」で書いてみる。

昔は、駅のホームなどでよく見かけた。
月曜の朝などに見かけると、急速に気分が萎えたものだ。
車社会の群馬生活だからか、そんなロゲを見かけていないのである。

なんだかゲロも、逆さまにしだけで随分と垢抜けるモノだ。
その語感から高級感さえ漂っている。
「駅で見たロゲ」と「駅で見たゲロ」。
後者は文字を見ているだけで、気分が悪くなってくる。
「お姉さん、ロゲもう一杯おかわり」なら良いけど、
「お姉さん、ゲロもう一杯おかわり」これはまずい。

こんな馬鹿な事を書いていたので、
気分が悪くなって本題へ入れないではないか。
あー、ゲロはきそう。
いや、ロゲはきそう。

149声 面影残像交差点

2008年05月28日

ちょうど中間テスト期間なのだろうか、
今日の正午過ぎに下校中の高校生と多数遭遇。
男子高生は、なんだかみんな同じ髪型をしている。
最近の流行なのだろうか、あの前髪、それも右側だけが斜めに伸びている髪型。
男子高生もそうだが、特に女子高生なんかはなんだかみんな同じ顔に見える。

そう言えば自分が高校生時分、背広を着たサラリーマンやら制服を着たOLなど、
大人全員が漠然とした「大人顔」に見えたっけ。
特に、年齢が上がれば上がる程。

ふとそんな事を考えつつ、車の窓からコンビニにたむろしている高校生軍団に、
懐古的な遠い視線を送っていた。
その中、高校生だった頃の友人に似ている学生がいて一瞬ビックリ。
「そんな訳ない」
すぐに我に返り、目を凝らすと当然違う。
「そう言えば、アイツとも高校卒業以来会っていないな」
思い出と照らし合わせてみる。
面影は微かに揺れて、消えた。

148声 実録・日刊鶴のひとこえ

2008年05月27日

「日刊」であるから、毎日何か昨日とは違った内容を刊行しなくてはならない。

などと、キーボードを打つのもここらが精一杯。
時折、「にぁつかんn」だとか「毎日何かきおんぷとは」ってな具合に、
しどろもどろになりなりながら打っている。
しかし、「しどろもどろになりながら」なんてよく打てたものである。

お察しの通り、アルコール摂取の弊害でござい。
されど、蒸し暑い本日のビールは最高でござい。
しかし、飲んででも日刊更新するつもりでござい。
もはや、私のおぼろげなる生活の実録でござい。
ます。

147声 銭湯写真家

2008年05月26日

家に帰って来て、デジカメのSDカードデータをPCのHDに移す。
(やたらと略語が多くなっているけどご勘弁)
データを整理していてゲンナリ。
撮って来た銭湯の写真が、殆どブレているではないか。
特に脱衣所の中が酷い。

銭湯は、もとい公衆浴場ってのは写真を撮るのが難しい。
その概観は大丈夫だが、問題は室内。
シレーっと行ってコソーっと撮っていたら、
コレ盗撮になってしまうので番台のおばちゃんへひとこえかける。
「写真撮っていいですか、中をちょこっと」
快い返事を頂ける所もあるが、そうでない所もある。
大抵は訝しげな顔。
まぁ、致し方ない。

「じゃあ少しだけならいいよ」
ってんでサササッと撮っていると、
デジカメの液晶モニターの中に、
ステテコを履いてるおやっさんが見切れてたりするので、
撮ってる方も気が気じゃない。
結果、大半の写真がブレブレ。

いっその事、コンデジ(コンパクトデジタルカメラね)じゃなくて、
一眼レフの厳つそうなカメラを首から下げて行ってみようか。
この時のストラップは、
「Canon」とか「Nikon」とかの文字が縫ってある純正品の物でなく、
黒無地の「いかにも風」な物が良い。
そして、番台のおばちゃんへおもむろに差し出す名刺の肩書きは、「銭湯写真家」。
呆気に取られているおばちゃんの顔を「パシャリ」。

うまく行きそうな気がしてきた。
うまく行きそうだけど、一眼レフ持ってねぇや。

146声 はしご湯が熱い

2008年05月25日

今日、銭湯をはしごしてしまった。
「はしご酒」ならぬ「はしご湯」である。
もちろん、ココのコンテンツ「とっておき探訪」に書く為。

二軒行って二軒とも、湯が熱い。
10秒も浸かってられないぐらい。
なんだか群馬の銭湯は、特に今日行った高崎の銭湯は激熱な印象。
東京下町の銭湯も、もう少し入り易い温度だった。
苦悶の表情で入る私の隣に、仏の様な表情のおじいちゃん。
水で埋めるに埋められなかった。

二軒目に行った銭湯がまた良かった。
風景。
夕日が差し込む銭湯の脱衣所。
人はまばら、扇風機の前にステテコを履いたおっさん。
番台に座るのは、小柄で人の良さそうなおばあちゃん。
便所の前にあるTVが映してるのは大相撲。
備え付けてあるへアドライヤーは一回20円。
一呼吸おいてから瓶牛乳を一気に飲み干す。

145声 存在せし者

2008年05月24日

「書く」と「生活」が混ざっていく。
特に、毎日こうやって何某かの文章を書いていると。
混ざったらどうなるのか。
自分の存在を書くっちゅう事。
なのか。

自分の
存在を
書いているんだなぁ(相田みつお調)

144声 ビールヲノミホス

2008年05月23日

憤りが通り過ぎた。
ビールヲノミホス。
妄想。
高層ビルディングの夜景。
盲僧琵琶が鳴り響く。
ビールヲノミホス。
障子に揺れている影。
ビールヲノミホス。

143声 満身創痍に相違なし

2008年05月22日

「あ〜じ〜ぃ」。
顔面筋肉全体を弛緩させて、ぼんやりとPCの前に座っている。
急に陽気が暑くなったもんだから、団扇なんぞ用意していないし、
なにより体内機能の用意が出来ていない。

用意が出来ていないのは、何も人間だけではない様。
私の隣に居る、デスクトップPCもどうやら暑さに音を上げている。
コイツは真っ白い豆腐のお化けみたいななりをして、
さっきからなんだか苦しげな機械音をたてて唸っている。
機械構造見識はからっきしダメな方であるが、
おそらく熱を逃がす為、中のファンがフル回転している音だろう。

思うと私は、PC使いが粗い。
初めて買ったPCは一年で壊し、二代目のコイツは二年目にして既に満身創痍。
DVDドライブは変形していて良く開かないし、
USBポートは、中の基盤がひん曲がっていて良く刺さらないし、
上蓋部分は私がコーヒーカップを置くので、茶色い丸染みが出来ている。
そして何より、ファンの回転音が痛々しい。

「よし、今涼しくしてやるからな」
ってんで水ぶっ掛ける訳にいかないし、電気屋に持って行って修理に出すのは、
行動意欲と金銭状態がダブルで宜しくないので難しい。
どうやら今年の夏も、満身創痍のコイツとこれまた満身創痍の私で、
乗り切らなくてはならない様だ。
なんだか近年、何時誰に何処で遭っても、
「いや〜疲れてるみたいだねぇ〜」と言われてきた。
今年の夏は、より一層言われる事受けあい。
夜のひんやりした風が、網戸から気難し気な顔で入って来た。

142声 メッセージ・イン・ア・ヒトコエ

2008年05月21日

「メッセージ入りの瓶」って言う物があるでしょう、
英語で言うと「メッセージ・イン・ア・ボトル」で、同名の映画にもなった。
瓶の中にメッセージを書いた手紙を入れて、海に流すアレね。
未だ見ぬ世界の人との交流か、無人島からのSOSなんて用途で使われる。
「近いな」と、不意に今感じたのである。
その行為に。

来る日も来る日も夜な夜な、こう書くとなんだか藁人形と五寸釘を持って出掛けたくなるが、そうじゃない。
この「鶴のひとこえ」に文章を書いて、インターネットに流す。
それは、メッセージを書いた手紙を瓶に入れて、海に流す行為と似ている。
インターネットもまた海に近い、その向こうには未だ見ぬ世界が広がっているのだから。

では一体、毎日毎日何のメッセージがあって流しているのだろうか。
未だ見ぬ世界の人との交流、群馬県高崎市からのSOS、どれも違う。
いや、SOSだけは合っているかな。
いやいやいや、そんなたいそうな行為ではない。
考えてみると、ちと常軌を逸した行為である。

だって、毎日流しているこの海辺を見て御覧なさい。
瓶だらけじゃないか。
えっと、今日はこれで142個目の瓶だ。
それ!

141声 来たぞ我等のビアガーデン

2008年05月20日

「食べ放題・飲み放題」と言う、もうその「ホーダイ」ってな響きを聞いただけで、
なんだか心が八木節を躍ってしまいそうにうれしい。
そしてそれが、ビアガーデンの魅力だと思う。

しかしながら、ちょいと小洒落た感じのワンランク上だかなんだかってな、
そんな小賢しい高級風ビアガーデンがあるでしょう。
ちょいとした高層ビルの屋上に、気取った感じでたいまつなんか焚いたりして。
あーゆーのは大抵良くない。
「良くない事が多い場合がある」なんてオブラートは破り捨てて断言する、「良くない」。

まず、高層だから屋上は風が強い事、初夏の早い時期に行くと肌寒い位である。
さらに、料金が高い割りに料理が不味い。
大抵、気取り腐ったインチキ多国籍料理で、パエリヤなんか頼んだ日にゃあ、
何時間お炒めになられあそばせたんですかってな、「カッソカソ」な乾燥パエリヤが出て来る。
そして一番気に食わないのが、飲み放題じゃないって事。
ワンドリンクで、あとはビール700円のカクテル650円ってな、みみっちぃ事をぬかしてやがる。
ビールは一種類だけで、小ぶりグラスにバイトの姉ちゃんが、
温いビールを泡だらけにして注ぐと言う感動的なスタイル。
対照的に、画材屋の絵の具売り場と見紛うばかりに豊富に取り揃えられたカクテル様。
「だったら絵の具ガーデンと言ってくれれば良いのに」
と帰り際、やたら時間の掛かるエレベーターを待ってる間にぼやいている始末。

なんだかまぁ、腹ん中にある黒い絵の具が噴出してしまった。
話を戻そう、ビアガーデンである。
ビアガーデンってのはやっぱり紅白提灯を周りにつけてね、
会社帰りのサラリーマンなんかで込み合っている位が賑やかで良い。
酒はもちろんビール、そんでサワー、あとは日本酒に焼酎にワイン。
それらをバイキング料理と共に、飲み放題・食べ放題。
至る所で笑い声が弾けて混ざり、楽しい時間はビールの泡共に過ぎて行く。
それが我等のビアガーデンなのだ。

140声 高崎夏の風物詩「ビール将軍の到来」

2008年05月19日

先週の金曜、5月16日の上毛新聞で目にしたのだが、
その日は高崎高島屋の屋上ビアガーデンが、今期の営業を開始した模様。
群馬県内のビアガーデンでは一番早い営業らしい。

実は私、高崎に住んでいながら、
しかも毎度ビールのことに関してエラソーに講釈をたれ腐っていながら、
まだ行った事が無いのである。
高島屋のビアガーデンと言えば、
高崎近郊エリア界隈を根城としているビールフリークにとって、
最重要居城。
そこにはなんたって、高崎国を統治する生ビール将軍が座しているのである。
夏期間中だけね。

よって高崎では、夏の訪れを告げる高島屋のビアガーデンオープンを、
「冬将軍の到来」ならぬ「ビール将軍の到来」と形容されているのだ。
ってのはウソ、まったくの。

いやはや、生ビールの、それも顔が隠れる位の大ジョッキで飲む生ビールの事を考えていたら、
ついつい加速してしまって、停止線オーバー気味な文章になってしまった。
オーバー気味に止まらず、どうやら明日まで行ってしまいそう。
それでは、本日の「鶴のひとこえ」が通過します。
日付変更線の内側まで下がって、明日までお待ち下さい。